エアウェーブでGMTとクリープL7をくらべてみよう!! 基本編





    お疲れ様です!!     air  man  です









  今年もはや残り3ヶ月・・・




  早いですね~ww





     なんか最後の最後までやる事が満載で



  
  頭膿みそうですwww






     今日の記事もそんな中の一つですw














    スピエラ・GMT関連記事 



  まずはこれらを熟読してしっかり



 実験、検証しましょうねww             














  今日はですね、ちょっと思うところありまして



  検証なんぞしてみようかと思い立ちましたのww 





  大した検証ではないんですけどね、 基本に帰って




  単純にクリープL7とGMTの比較をしてみようと。。















  ライトナーで明るくしてます



  今回はパーマや矯正のダメージは入れてません



  それはまた今度ねw



  



           DSCN3175_0002639.jpg  












        それをですね、この大きさのロッドでこんな感じにワインド






               DSCN3177_0002640.jpg  







              DSCN3178_0002641.jpg 








 これに 右サイドに  クリープL7



      左サイドに  まぜまぜ水 : GMT  12:1 
 






  塗布して  自然放置で 10分












  テストカール



    L7 
           DSCN3181_0002643.jpg 


    GMT 
           DSCN3180_0002642.jpg  





  ふんふん  まあね・・・     そうなるわね・・・




  がんばれGMT!! ww 











      中間水洗後





    L7 
          DSCN3185_0002645.jpg 


      
    GMT   
    DSCN3186_0002646.jpg 







    DSCN3184_0002644.jpg  





         
   水洗でちょっと入ったけどL7にはまだ及ばず・・・







    今回はあえて湿熱等のクリープは行わず




   すぐにガラス化 55℃  15分









   酸化処理後








    L7
    DSCN3188_0002648.jpg 



    GMT
    DSCN3190_0002649.jpg 









    DSCN3187_0002647.jpg 









    
       おっ!!  
ここで高さが揃ったっぽいが・・・




 





     L7
     DSCN3192_0002650.jpg 



     GMT
     DSCN3194_0002651.jpg  






     リッジの形成とまとまり感はL7の方がしっかり出ている



  GMTの方はそれに比べると少し弱いか?・・・









   流して諸々抹消してみましょう






    L7
    RSCN3239_0002653.jpg 




    GMT
    RSCN3238_0002655.jpg 










    スタイリング剤は使わず




    デュフューザーでドライしてみます







     L7
     RSCN3235_0002656.jpg 





      GMT
     RSCN3234_0002657.jpg 





     DSCN3207_0002658.jpg 





   さあ、これをどう受け取るかですねww




        どっちが優れているとかの問題ではないですね




   単純にこの結果を受けてどちらのウェーブを使って




   デザインに落とし込んでいくかだと思います。










   L7の方はリッジが力強くまとまりがあり、


   プリッとした弾力のあるウェーブ ・・・



   とも取れるけど、反面


   かかりすぎている・・・ とも取れる







  

   一方、GMTはというと、



   程よい抜け感があり、しなやかで



   柔らかいソフトなウェーブ ・・・



  

   と、取れる反面


  
   ゆるくて、ダレて見える・・・  とも取れる













   もちろんダメージレベルが進めば結果はまた違うものに



   なるであろう事は間違いありませんけどねww



      それはまた今度やりますんで。。。











    どSトリつけて、少し動かしてみると・・・
   



    L7
    RSCN3237_0002662.jpg 



   
    GMT
    RSCN3236_0002661.jpg 







    RSCN3240_0002660.jpg 







  スタイリング剤を使って作りこめばまた出方が違うとは



  思うのですが、今回はまんまの方がわかりやすいと思って


  
  なるべく手を入れませんでした











  今後、今回のこの結果を基本軸として



  コンディションやプロセスを変えてみて



  
  色々と検証してみたいと思います










   それではまた!!
   






  重要リンク!!


  市販 ノンシリコン シャンプーって・・・ 


  シャンプー解析サイトでは解らない 美容師たちの現場の声 









    何はともあれ、まずはゼロベースから


    
T2sys炭酸システム









     すべての真実はここにある!!

     知りたい人はクリックしてね

 
    ノンシリコンシャンプー&トリートメント

    DO-Sシャンプー&トリートメント















スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment